ヘアメイク、骨格診断講師の上野由可里さん。「ストレートのコーデって、ワンパターンになりがち…」そんなお悩みを解消してくれる、ロングジレコーデをご紹介します。

 

【1】ハリ素材のロングジレが万能

「ジレはハリがある生地でつくられているものが多く、縦ラインが自然とできる。流行的にはパンツにもスカートにも合わせやすくて、一つ持っていると重宝しますよ」と由可里さん。ハリがない素材感は立体的な身体がジレを拾い、着太りするのでよく吟味して。理想的な一着を見つけたら、ワードローブに入れて間違いなし。
ロングジレ/ZARA(ザラ)https://www.zara.com/jp/

 

【2】苦手インナーでも胸元にVゾーンをつくれば、すっきり見えする

ネックラインは縦あきが着痩せするストレートタイプ。横あきや詰まったデザインはムチっと見えの原因に。ボートネックやオフショルダーなど苦手アイテムを取り入れるときは、胸元にVゾーンをつくる意識をすると◎「この日のジレコーデのように、前ボタンを止めるとVゾーンができるので、首がつまっているものを着てもすっきり。インナーのネックラインをそこまで気にせず、色々と挑戦できる」と由可里さん。アイテム単品で見たら苦手でも、着こなしの組み合わせで似合うに寄せられます。ネックレスやスカーフなど、小物でVゾーンをつくることも可能なのでトライしてみて。

 

【3】アニマル柄はゼブラがオススメ

アニマル柄は迫力が出やすいストレートタイプ。由可里さんに「ゼブラは唯一少し直線っぽい柄なので取り入れやすいし、なおかつ大柄を選ぶとより似合うものが見つかる」と教えていただきました。さらに、ロングジレとのレイヤードスタイルなら柄が見える面積が少ないので、ゼブラ柄初心者さんにも挑戦しやすい組み合わせ。今シーズンは柄物が豊富なので、デビューにうってつけかも。
スカート/H&M(エイチアンドエム)https://www2.hm.com/ja_jp/index.html

 

以上、似合わせも着映えもできる、ロングジレのコーデをご紹介しました。ストレートタイプの骨格診断上級アナリストの中で、実は愛用者が多いアイテム。お気に入りの逸品と出会えますように!

 

[写真のご協力]
ヘアメイク・骨格診断講師 上野由可里さん
(骨格タイプ:ストレート/パーソナルカラー:オータム
インスタグラムでは、すぐに真似したくなるファッションや美容情報が満載!

 

骨格診断ファッションアナリスト認定協会では、各種イベントやセミナー、講演会や書籍出版・監修など、お客様のお望みに合わせて骨格診断メソッドをご提供いたします。

 


この記事を書いた人

近藤なつこ
イメージコンサルタント
一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会理事
パーソナルカラー、骨格診断のプロ育成講師として、そして一人ひとりがもつ輝きのタネと魅せ方を伝える骨格診断伝道師として活躍中。