ICBインターナショナルのスタッフ、骨格診断上級アナリストのてらちゃん。新鮮なプリーツオールインワンの選び方とコーデのポイントを、3つご紹介します。

 

1】プリーツは直線ラインが際立つと成功する

プリーツとはひだや折り目のこと。布を立体的に装飾化したり、運動量をつけるために布を折りたたむこと、またそのひだのこと。立体的でグラマラスな身体のストレートタイプにとって、膨張見えが心配なデザイン。てらちゃんは試着の際「直線ラインが効いていて、縦長効果抜群!これならいける!」と決めたそう。直線ラインは、立体的な身体をスッキリと見せてくれる効果大。多くの骨格診断ファションアナリストが、効果を実感しています。
オールインワン/ZARA(ザラ)2019年秋購入
https://www.zara.com/jp/ja/woman-l1000.html

 

2】ベルトでメリハリを出して洗練感アップ


メリハリボディのストレートタイプは、ゆったりとリラックス感がある服を着ると野暮ったく見えてしまいがち。だらしない印象やパジャマ感が出てしまうことも。共布ベルトが付属で付いていたこちらのオールインワン、「リボン結びや他の結び方を試しても身体に膨らみが出てしまうし、なんだかチープさが目立つ。でもつけないとメリハリがなくて野暮ったくなる。なので、ボリュームが出ない手持ちのシンプル細ベルトを選びました!」とてらちゃん。ベルトを使って身体のラインを上品に見せることで洗練感アップ。金具の高級感もリッチボディとの相性◎

 

3】その日のシーンとコーデの相性で髪型を決める

「今日のコーデには、アップスタイルよりストレートヘアでおろした方がしっくりきた!」とてらちゃん。アップにしてゴールドでまとめたところ、パーティ感が出てしまったそう。すっきりさせる髪型が似合うストレートタイプとはいえ、TPOに合わないと違和感の原因に。目的や魅せたい自分に合わせて髪型を楽しんで。巻き髪や無造作ヘアは野暮ったくなりやすいので、ストレートヘアが美人見え抜群。お顔~バストトップゾーンに広がりが出ない、落ち着いたスタイルがオススメです。

 

以上、新鮮なプリーツオールインワンの選び方とコーデのポイントを、3つご紹介しました。得意も苦手もわかっていると、難しそうなアイテムに挑戦できたりシーンに合わせてアレンジを楽しめます^^

 

[写真のご協力]
ICBインターナショナル スタッフのてらちゃん
(骨格タイプ:ストレート/パーソナルカラー:スプリング)

 

骨格診断ファッションアナリスト認定協会では、各種イベントやセミナー、講演会や書籍出版・監修など、お客様のお望みに合わせて骨格診断メソッドをご提供いたします。

 


この記事を書いた人

近藤なつこ
イメージコンサルタント
一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会理事
パーソナルカラー、骨格診断のプロ育成講師として、そして一人ひとりがもつ輝きのタネと魅せ方を伝える骨格診断伝道師として活躍中。