骨格診断ウェーブタイプのファッションスタイリスト・長瀬有香さん。2月某日のファッションを、特別に撮らせていただきました!「春色のレーススカートって素敵!でも、甘くなりすぎない?」そんな心配を解消する、「上品」な取り入れ方のポイントを3つお伝えします。

 

1:ウエスト位置は【ハイウエスト】が◎

「腰の位置で落として穿く」タイプのものがありますが、これはウェーブタイプには危険。胴長さんに見えてしまいます。また、ウエストにフィットしない物はズッコケてだらしない印象に。ハイウエストのデザインが、脚長の美シルエットを叶えてくれます。

 

2:丈は【ひざ下丈】が無敵!

丈があまり長くなると下重心が強調されて、上半身の存在感が薄れ気味。ミニ丈は年齢やキャラクター、TPOを選びます。膝がちょうど隠れる「ひざ下丈」は上品な印象を与え、オフィシャルにもデートにも使える万能丈。また、ウェーブタイプの脚のラインをキレイに見せてくれます。丈の長さはトレンドがありますが、ひざ下丈は流行に左右されずに穿けて、重宝間違いなし。

 

3:色・形・素材感【甘要素は2点以下】におさえる!

ファッションコーディネートは、「色・形・素材(素材感)」の3要素からできています。春色は甘さを感じやすく、レース素材も甘アイテム。ここで形まで甘くなると、激甘な印象に。フリルやギャザー、膨らみがあるデザインは避けましょう。とはいえシンプルなラインのスカートは、腰(ウエストとお尻の膨らみの間 )が、ガバガバと開きやすいので要注意。試着時に後ろ姿もよく確認しましょう。スカート以外のアイテムも甘さを控えて、寂しいときはアクセサリーやヘアスタイルで足し算をしてみて。

トップス&ボトムス/セレクトショップ

以上、おしゃれプロも持っている、春色レーススカートの上品な取り入れ方でした。お気に入りの1着を、ぜひ見つけてくださいね♪

 

[写真のご協力]

ファッションスタイリスト/長瀬有香さん(骨格タイプ:ウェーブ/パーソナルカラー:スプリング)

https://www.instagram.com/ambyuka/

 


この記事を書いた人

近藤なつこ

イメージコンサルタント

一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会理事

パーソナルカラー、骨格診断のプロ育成講師として、そして一人ひとりがもつ輝きのタネと魅せ方を伝える骨格診断伝道師として活躍中。