骨格タイプとウェディングドレス

2013.10.23

こんにちは。
検定委員の丸田久美子です。

秋のウェディングシーズン真っ只中。
ご友人や親戚の方のウェディングパーティーにお招きいただくことも多いのではないでしょうか。

ご新婦様にとって自分に似合うドレスと巡り会えたら、
その日一日を自信いっぱいの笑顔で過ごせることでしょう。
ドレス選びにこだわった分だけ、ご新婦様の美しさを引き立ててくれます。

今回のコラムではウェディングドレスの中でも定番的なAラインドレスについて、
セレクト法をご紹介致します!

乾杯


コンパクトな上半身にゆるやかに広がるスカートが
アルファベットのAを描くように見るシルエットのAライン。
どなたでも似合い、どんな会場でもマッチする王道のドレスラインです。


【ストレートタイプの方は??】

ミカドシルクのようなハリのある素材感のものがお似合いになります。
デザインはシンプルに、上質な素材で高級感、重厚感を演出しましょう。
モナコ王妃がお召しになったハイネックのデザインもストレートの方におすすめのデザインです。
(レース部分は透け感の少ないものを選びましょう)

 

【ウェーブタイプの方は??】
レースやオーガンジー、チュールなどの柔らかい素材感のものがお似合いになります。
上半身がさみしく見えないように、胸元に装飾のあるデザインがおすすめです。
甘い・可愛らしいテイストがお好きでない方はシルクサテンなどの素材を用い、
シンプルになりすぎないように注意しましょう。

 

【ナチュラルタイプの方は??】
シルクシャンタンやシルクタフタなどの素材自体に風合いのあるものがお似合いになります。
デザインはストレートの方同様、甘いデザインのものは避けると良いでしょう。
やさしいテイストをお好みの場合はチュール素材などもお似合いになります。
スカート部分にボリューム感を持たせるデザインをセレクトしましょう。

 

コラムということで今回は基本的なセレクト法をご紹介致しましたがいかがでしたでしょうか。
普段お召しになる服装もそうですが、特にウェディングドレスは身長、体重、年齢、
また会場の印象によってアレンジも変わってきますので、
経験のあるコンサルタントにアドバイスしていただくことをおすすめ致します!!

 

骨格診断ファッションアナリスト認定協会検定委員長 丸田久美子

ページTOPへ