骨格タイプ別 2015秋冬トレンドアイテム ②ボヘミアンコーディネート

2015.11.20

こんにちは。
骨格診断FA協会 森本のり子(旧姓:千葉のり子)です。

前回の記事に続きまして、今回も認定アナリストによるトレンド勉強会の内容をご紹介いたします。

>>>前回の記事『骨格タイプ別 2015秋冬トレンドアイテム ①コーディガン・ロングカーディガン』

今回は「ボヘミアンコーディネート」についてです。

ちなみにボヘミアンが得意なのは、ナチュラルタイプ。ここ数年のトレンドは、ナチュラルタイプの“当り年”という状況が続いていますが、今シーズンもその流れが続いていますね。

ただ勉強会においては、ストレートタイプやウェーブタイプも含めた3タイプそれぞれの「ボヘミアンコーディネート」の着こなし方について話し合いましたので、その内容をご紹介いたします☆

 

○ストレートタイプ

straight

メリハリ体型で身体に存在感のあるストレートタイプが得意なのは、シンプル&ベーシックなアイテムを着こなす、引き算のコーディネート。そういった意味で、カジュアルな装飾豊かなボヘミアンコーディネートは苦手だとえいます。

また今年のボヘミアンアイテムは、ビッグシルエットのものが多く、ジャストサイズのちょうどよいサイズ感が似合うストレートタイプが着こなすのはなかなか難しいです。ラフに着崩した感じが、こなれたオシャレな印象にはならず、もっさりと野暮ったい印象になりやすいでしょう。

そのため、ボヘミアンなテイストを部分的に取り入れるくらいに留めておく方がよいでしょう。たとえば、バッグなどの小物で取り入れる、あるいは写真のニットのように、フリンジを施してあるボヘミアン風のアイテムを選ぶなど。

あくまで上品なコーディネートを基本に、ほんのりボヘミアンテイストが香るくらいのオシャレを楽しみましょう。

 

○ウェーブタイプ

wave

身体が薄く華奢な印象のウェーブタイプに似合うのは、身体にフィットするボディコンシャスなシルエット。フェミニンやガーリーなど、甘いアイテムや華やかなアイテムを着こなす足し算のコーディネートが得意です。

一方、カジュアルなファッションは貧相に見えやすいため、ボヘミアンテイストを取り入れたい場合は、カジュアル感を抑えた甘めのアイテムを選ぶのがポイントです。

たとえば、写真のような、フリンジ付きの身体にフィットする細身のカーディガン、フリンジ付きのミニ丈ワンピースなど。他にはスウェード素材や、春夏ならレース素材なども取り入れやすくおすすめです。

甘めのボヘミアンコーディネートを楽しみましょう。

 

○ナチュラルタイプ

natural

骨格や関節に存在感があり、身体のフレームがしっかりとしたナチュラルタイプに似合うのは、つくり込まないラフな着こなし。ボヘミアンコーディネートはとてもよく似合います。

写真はほんの一例ですが、ポンチョ、ドルマンスリーブのプルオーバー、ローゲージニット、ショルダーバッグなど、幅広いアイテムをオシャレに着こなせます。

特に今シーズンらしいアイテムとしておすすめなのは、ワイルドな印象のネイティブ柄。存在感のある個性的な柄ですが、右下の写真のようにモノトーンなどの落ち着い色で取り入れれば、モードな雰囲気も加わって大人っぽく着こなせます。

ボヘミアンコーディネートは、今年らしい着こなしを取り入れたいナチュラルタイプの方にとってもおすすめです。

 

以上、「ボヘミアンコーディネート」についての骨格タイプ別の解説でした。

協会では定期的に認定アナリストによるトレンド勉強会を開催しています。骨格診断理論の優れた点を生かしながらも、時代に合わせたオシャレを着こなす手法についてメンバーで検証し、そのノウハウを共有することを目的としています。

半年に一回の再会を楽しみに遠方から参加するメンバーも少なくなく、とても和やかで楽しい会となっています。

ぜひみなさまも認定アナリストを目指しませんか。新しい仲間が増えることを楽しみにしております☆大歓迎です☆☆☆

 

骨格診断ファッションアナリスト認定協会 検定委員会委員長 兼 広報委員
森本のり子(旧姓:千葉のり子)

ページTOPへ