骨格タイプ別 2015秋冬トレンドアイテム ①コーディガン・ロングカーディガン

2015.11.15

こんにちは。
骨格診断FA協会 森本のり子(旧姓:千葉のり子)です。

先日開催しました認定アナリストによるトレンド勉強会の内容を、ご紹介いたします。

今回は、最近よく目にするロング丈の羽織りもの「コーディガン・ロングカーディガン」についてです。

ちなみに「コーディガン」とは、「コート」と「カーディガン」を合わせた造語で、カーディガンのように羽織るアウターのことです。ボタンのないラップタイプが多いので、気軽にさらりと羽織れ、冬用のコートを着るまでは寒くないというときに重宝しそうなアイテムです。

「コーディガン」は現在のテキストには載っていない新しいアイテムなので、骨格診断理論の基本に従い、「素材感」と「形」の2つの観点から見てみます。すると、カジュアルな素材感、ゆったりとした大きめのシルエット、長い着丈…と、ナチュラルタイプに似合う要素が詰まっているため、ナチュラルタイプに分類できそうです。

そしてもう一つのアイテム「ロングカーディガン」はテキストにおいて、

ストレートタイプ:●(素材や形、大きさによってはお似合いになるアイテム)
ウェーブタイプ:×(苦手なアイテム)
ナチュラルタイプ:○(お似合いになるアイテム)

と分類しています。

つまり「コーディガン・ロングカーディガン」はいずれもナチュラルタイプにおすすめのアイテムということになります。

ただ勉強会においては、ストレートタイプやウェーブタイプも含めた3タイプそれぞれの着こなし方について話し合いましたので、その内容をご紹介いたします☆

 

○ストレートタイプ

straight

ストレートタイプはきれいめで上品なものを選ぶのがコツです。

今シーズンのトレンド全般に見られる“ゆったり大きめなサイズ感”はだらしなく見えるので、ジャストサイズのものを選ぶのが基本です。(逆にぴったりフィットしすぎるのも、むっちりと肉感的に見えてしまうのでNG)

また素材に関しても、ざっくりとしたローゲージニットや、アンゴラなどを含んだふんわり柔らかいニットを着ると、ストレートタイプの特徴である身体の厚みを強調して着太りして見えてしまうので、適度な厚みと張りのある高級感のある素材を選ぶようにしましょう。ストンとした“落ち感”があることで、身体のラインを美しく見せてくれます。

たとえば写真のようなきれいめのロングカーディガンがおすすめです。

さらにこちらはバックスリットが入っているのもおすすめな点です。ストレートタイプの特徴である高いヒップラインによってつくられやすい後ろ身頃の膨らみをうまく逃がしてくれ、後姿をすっきりと見せてくれます。

 

○ウェーブタイプ

wave

ウェーブタイプがロング丈のアウターを着ると、下重心を強調してしまい、どこか間延びしたような印象になりがちです。

ロング丈の中でも、できるだけ短めの丈を選ぶか、あるいは左側の写真のように前見頃が短いもの選ぶなどして、できるだけ重心の位置を高く見せるようにしましょう。ベルトをつかってウエストをマークするのもおすすめです。

また、今シーズンの特徴であるゆったりとした大きめのシルエットも、引きずられたような印象になりやすいので、できるだけ身体にフィットするコンパクトなシルエットを選ぶといいでしょう。

素材は薄手で身体にフィットするニット、あるいは、ふんわり柔らかいモヘアやアンゴラなどがおすすめです。

 

○ナチュラルタイプ

natural

今シーズンの「コーディガン・ロングカーディガン」は、その大半がナチュラルタイプに似合うデザインなので、いろいろと試着してみながら、しっくりくるお好みのものを選ばれるといいと思います。

ただ注意点としては、床すれすれくらいまである、かなり長い着丈のものになると、ナチュラルタイプであっても着こなすのはさすがに難しいようです。(これはナチュラルタイプの認定アナリスト達の共通意見でした!)特に長いものを選ぶ場合でも、下から足首が見えるくらいの長さにとどめましょう。

今年らしいデザインという意味では、ドロップショルダーやドルマンスリーブなど、リラックス感のあるゆったりとしたシルエットのものがおすすめです。ナチュラルタイプの特徴である、フレーム感のはっきりした身体で着こなしたときのラインは美しく、こなれたオシャレ感が出せます。

またナチュラルタイプはカジュアルなテイストがよく似合うので、左の写真のように大きなポケットがついたものや、フードがついたものもおすすめです。素材はざっくりとしたローゲージニットや厚手のウールなどを選びましょう。

 

以上、「コーディガン・ロングカーディガン」についての骨格タイプ別の解説でした。

ここ数年はナチュラルタイプのファッションが全盛となっていますが、繊研新聞の記事によると、この流れはまだまだ続きそうです。こんな興味深い記事が掲載されていました。

>>>コーディガンの次は?日鉄住金が提案

コーディガンよりもさらに丈が長いニットコートが流行るかもしれません?!

果たして一年後はどうなっているのか、楽しみですね☆

骨格診断ファッションアナリスト認定協会 検定委員会委員長 兼 広報委員
森本のり子(旧姓:千葉のり子)

ページTOPへ