骨格診断ファッションアナリスト検定ってどんな試験?

2013.10.01

こんにちは。
広報委員の千葉のり子です。

いよいよ10月になりましたね。
澄み切った青空と、ひんやりと感じられる空気が、なんとも爽やかな季節です♪

さて、こちらのコラムはまだ始まったばかりですので、
少しずつ協会の活動についてもご紹介させていただこうと思います。

その中でも今回は「骨格診断ファッションアナリスト検定」について、ご紹介させていただきます。
試験を受けてみようかなとご検討中の方は、ぜひ参考にしていただければと思います^^

こちらの写真は、8月31日に実施された、第一回目の検定試験の様子。
お暑いところ、たくさんの方に受験していただきました。ありがとうございます!!!

骨格診断ファッションアナリスト検定

本協会では、アナリストの認定をすることで、「骨格診断」をお求めのお客様に対し、
正しい知識と技術を持ったアナリストをご紹介することを可能にし、
それによって安心して診断を受けられる環境作りに貢献していきたいと考えています。

そのため、世の中にある一般的な検定試験とは、趣旨が異なります。
わかりやすくいうと、「勉強さえすれば合格できる」という試験ではありません。
(もちろん勉強による知識の取得は必要ですが、それだけでは不十分という意味です。)

正しい診断と適切なご提案ができるかどうか、という実技部分も重視しているため、
検定試験では「知識」と「実技」の両方を確認させていただいています。

では実際の検定試験についてですが、以下の3つのパートから構成されています。

1.筆記試験
一般的な検定試験と同じく、規定の点数以上とることが合格条件です。

2.アイテム選別試験
どの骨格タイプの方にお似合いになるアイテムなのかを、選別する試験です。
実際のコンサルティングの際に、お客さまに適切なご提案をできるかどうかを確認する試験です。

3.骨格診断実技試験
5名のモデルさんの骨格診断を行います。
こちらも、全員の診断結果を正しく導き出せることが、合格の必須条件です。

なんだか難しそうと、気後れしてしまった方もいるかもしれませんが、
正しい知識をもって、正しい診断を行い、正しいご提案をできれば、
必ず合格できる内容になっているので、その点は心配されなくても大丈夫です。
(イジワルなひっかけ問題が出たりとかは、ないですよー)

また、これだけ手間をかけて実施される、しっかりとした検定なので、
合格して認定アナリストとして登録されることは、お客さまからの信用を得ることに繋がります!

「骨格診断」を多くのお客さまに自信をもってご提供していきたい、
とお考えの方には、とってもおすすめな検定試験です♪

次回の検定試験は、2014年1月26日(日)に実施されます。

そして、これから「骨格診断」を学んでみたいという方には、
骨格診断ファッションアナリスト認定協会認定校が実施する、
骨格診断ファッションアナリスト養成講座」がおすすめです^^

今現在、認定校はICB一校のみとなっていますが、これから徐々に充実させていく予定です。
将来は認定校となり、アナリストの養成に携わっていきたい、という方にもおすすめの検定です☆

広報委員 千葉のり子

ページTOPへ