夏直前!クールビズ対策

2014.07.07

こんにちは。
骨格診断FA協会 丸田久美子です。

九州では大雨の被害が出ているようですが、
みなさまのお住まいの地域はいかがでしょうか。
毎年梅雨明け前は大雨になることが多いですね。
大事に至らないよう、どうぞご注意下さいませ。

骨格診断FA協会の事務所がある歌舞伎座タワーにも
多くの企業様が入っておりますが
今はクールビズ対応でジャケットをお召しになっている方は少ないですね。

そこで今回のコラムではクールビズ対策として
骨格タイプ別のビジネスシャツのアドバイスポイントをご紹介致します。(前置き長!!!)
Portrait of man smiling

【ストレートタイプ】
ストレートタイプの方は素材のハリ感が大切です。
特にシャツのカラーポイント。
ここがくちゃっとなっていたら台無しです。
クリーニング糊付けバッチリ!!のシャツがおススメです。

【ウェーブタイプ】
ストレートタイプの方と異なり、糊付けバッチリは
シャツに着られてしまう感が出てしまいます。
洋服は立体的な作りになっています。
他のタイプに比べると胸元が薄いウェーブタイプは
細身のデザインがおススメです。

【ナチュラルタイプ】
理想は麻のシャツをラフに着崩して。。。ですが、
会社員の方はなかなか難しいですね。
可能であれば、ノータイでボタンダウンのシャツなど
カジュアル感の強いシャツを選んでいただけるとGOOD!

と、簡単ですがセレクトポイントをご紹介させていただきました。

ビジネスのシーンでは「清潔感」が第一条件。
暑苦しい、ダラシナイ印象にならないよう、気をつけて下さいませ。

 

骨格診断ファッションアナリスト認定協会 検定委員長 丸田久美子

 

 

 

ページTOPへ