骨格診断FA検定 アイテム選別試験問題②

2014.01.30

こんにちは。
検定委員の丸田久美子です。

昨日のアイテム選別問題、みなさん考えていただけましたでしょうか??

RIMG0012

 

こちらのイヤリングですが、
試験問題になれなかっただけあり、色々な捉え方ができるのではないでしょうか。

考え方としては下記の通りとなります。
【ストレートタイプ】
ぶら下がるイヤリングは苦手なのでストレートタイプの答えは×

【ナチュラルタイプ】
大振りなイヤリングが得意のナチュラルタイプ。
また揺れるものも得意なのでナチュラルタイプの答えは◯

【ウェーブタイプ】
ウェーブタイプの答えが分かれると思います。
揺れるものがお似合いになり、曲線的なラインが得意なのでその観点からすると◯になります。
しかし、ウェーブタイプでは少し大きさが気になるところ。
実際にウェーブタイプのかたに付けていただいても
悪くはないけど、似合っているかと言うとそれも微妙。
上記を考えると、ウェーブタイプの答えに一貫性がないので
検定問題からはずしました。

いかがでしたでしょうか。
このように検定問題を作成する時は
誰が見ても同じ答えを導き出せ、
しかし、テキストを読むだけでは正しい答えは導き出せないレベルを意識しております。
(文章にするとややこしい感じですね。)
受験者のみなさまは
テキストに書かれている内容を覚えるだけでなく、
実際のお客様に合わせた時を想像し、似合うか似合わないかを判断する能力が求められます。
骨格診断FA協会では
骨格診断をお求めのお客様に対し、正しい知識と技術を持つとともに
コンプライアンスを持ち合わせているアナリストの認定、紹介をすることにより
安心して診断を受けられる環境づくりを目指しております。

骨格診断ファッションアナリスト認定協会 検定委員長 丸田久美子

 

ページTOPへ