骨格診断と宝塚歌劇団

2013.12.10

こんにちは。
検定委員の丸田久美子です。

今回のコラムではすこし視点をかえて
「骨格診断と宝塚」のお題目で話をしていきたいと思います。

個人的に宝塚が好き♡♡
と言う訳ではないのですが(スミマセン。。。)
以前、宝塚の卒業生の方の骨格診断をおこなう機会があり、興味を持ちました。

みなさまもご存知の通り、宝塚の方々は全員が女性、
娘役はもちろん、男役も女性が演じます。
男性と女性ではやはり身体のつくりが違うので
骨格タイプが違うと印象も変わるのでは?!

娘役はイメージがわきやすいと思いますので、ここでは男役について。

【男役×ストレートタイプ】
ストレートタイプの方は身体の前後に筋肉の厚みがつきやすいので
男役の衣装も格好良く着こなすことが出来ます。
また生まれもった存在感が元々強いので男性の衣装を纏っても貧弱に見えることはありません。

【男役×ウェーブタイプ】
ウェーブタイプの方は身体つきが華奢なので、
男性のたくましさ、力強さのイメージを出すことは少し難しいです。
その代わりにウェーブタイプの方はジャニーズの男の子達のような
「白馬に乗った王子さま」みたいなイメージになります。

【男役×ナチュラルタイプ】
骨格タイプの中で一番中性的な印象のあるナチュラルタイプの方も
男役の方に多い骨格タイプではないでしょうか。
ストレートの方のような肉感的なたくましさと言うよりも
ハードな、ワイルドな印象を加味することができのがこのタイプです。
身体のフレームもしっかりしているので衣装に負けてしまうこともありません。

ちなみに、
ストレートタイプ・・・真矢みきさん
ウェーブタイプ・・・真琴つばささん
ナチュラルタイプ・・・天海祐希さん でしょうか。

女性しかいない宝塚歌劇団とは逆に
男性しかいない歌舞伎。
こちらも検証してみると面白そうですね♪

 

骨格診断ファッションアナリスト認定協会 検定委員長 丸田久美子

ページTOPへ